UGO
OPEN STUDIO!

1/8~1/15 & 1/20~1/31

平日 19:00~22:00
土日 12:00~22:00

ダイナソウも
毎週末オープン!

2020年10月にオープンした新大久保UGO。しかし本来のオープン予定は2020年3月でした。
オープンまで延期された約半年間、このスペースは主にアトリエとして使用されていました。
この度のオープンスタジオには、これまで新大久保UGOで作品制作を行った経験がある人々が参加します。かつてUGOで作っていたものや、現在進行形で作ったり考えたりしていること、まだ誰にも見せたことのないものなどを大公開。

会期は前半(1/8~1/15)、後半(1/20~31)となり、この1ヶ月UGOは主にスタジオとして利用されます。
会期前半には、UGO実行委員による個人制作や共同制作が行われ、後半はその完成品を披露したり引き続き制作が行われる予定です。

日中は制作を行い、夕方のオープン時間からは交流を楽しみます。
突発的なワークショップやイベントが起きるかもしれません。
そして今月からはバープロジェクト「ダイナソウ」も毎週末オープンしていきます。UGO運営委員やゲストが店長としてバーカウンターに立つ予定です。
日々違うUGOの様子をご覧になるために、ぜひこの期間にUGOにたくさん遊びに来てください。


詳細はこちらから

会場: 新大久保UGO
東京都新宿区大久保2丁目32-6 第2北京荘 1F
会期: 2021年1月8日(金)~1月15日(金)(前半)
2021年1月20日(水)~1月31日(日)(後半)
平日: 19:00~22:00(月曜、火曜は休み)
土日: 12:00~22:00
入場無料
主催: UGO

  

CURRENT EVENTS

ABOUT UGO

スラム化した築60年の木造アパートをリノベーションして生まれた新しい新大久保の「たまり場」となった新アートスペース「UGO」(ウゴウ)。多種多様な国籍と文化が交差する新大久保で、アーティストの磯村暖、海野林太郎、龍村景一、丹原健翔、林千歩、中尾一平、ぱにぱにぱにぱにともちんぱ、三好彼流、山縣瑠衣によるアトリエ、ギャラリー、バーと宿泊施設(新型コロナウイルスの影響で宿泊施設の開始は未定です)。多様な文化の集まる地域のため、アートのために新大久保の多元性のあるパワーを発信してゆく。新大久保の新たな時代のための、多様性を尊重する「たまり場」になることを目指してチーム一同頑張っています。

協力: アマトリウム株式会社

UGO is a new community space that was built in an old 60-year old apartment complex in Shinokubo. Artists Dan ISOMURA, Rintaro UNNO, Keiichi UNNO, Kensho TAMBARA, Chiho HAYASHI, Ippei HAYASHI, Panipanipanipani TOMOCHINPA, Karu MIYOSHI and Rui YAMAGATA
are UGO. We are a collective of artists/creators that promote diversity and social inclusivity through the power of art. Shinokubo UGO, our base that opened in March 2020, is a multi-use space that is also a gallery, bar, studio, accomodation,and community center. Due to the COVID-19 situation, the accomodation program is postponed until further notice.

Support: Hayashi Building, Inc., Amatorium, Inc.

CONTACT

MAIL ugoshinokubougo@gmail.com

〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目32-6 第2北京荘 1F
2-32-6, Okubo, Shinjuku ku, Tokyo To, 169-0072, Japan